ほうれい線を消せ!美容情報

20代のほうれい線を消す方法!

20代でもほ うれい線ができる理由

 

20代でもほうれい線ができる理由は何なのでしょうか?

 

一番に考えられる理由は肌の乾燥です。
仕事などが忙しくてストレスが溜まったり食生活が不規則になれば肌は潤いを失います。
20代だからまだ大丈夫、と保湿を怠っていれば肌の乾燥が進んでほうれい線を作ってしまいます。
まだ先でいいと思うことなく、保湿対策はしっかり行うようにしてください。

 

次に考えられるのが紫外線です。
紫外線に肌がさらされると肌は元気を失い、ほうれい線を作りやすくなります。
外に出るときはもちろんのこと、家の中でもUV対策はしっかり行うようにしましょう。

 

もう一つ考えられる理由はダイエットです。
20代はダイエットをしている人も多いですが、急激なダイエットもほうれい線を作る原因となります。
体重を早く落とそうと食事制限をしていれば栄養も不足しますし肌トラブルを起こしやすいです。
急に痩せれば頬の肉も落ちますから、肉がなくなった分だけ皮膚がたるんでほうれい線ができてしまします。
ほうれい線を消す3つの方法

 

 

1 マッサージ

 

お金のかからない方法ではマッサージがオススメです。
ほうれい線マッサージの目的はむくみを取ること。仕事で疲れて帰ったとき、顔のこりを感じませんか?これは、老廃物が血液中に詰まって、リン パの流れが悪くなっているからです。まだ20代だからと言って安心はできないですよ。
ほうれい線マッサージの方法は、こりょうというツボを押すのが一番効果的です。
場所は、鼻の両脇。黒目直下のほうれい線上にあります。
このツボを1日5?10回、親指でゆっくりと押さえましょう。続けていると、血液の流れが良くなり、むくみが取れていきます。

 

2 化粧品

 

肌の内側からアプローチするなら、ほうれい線対策化粧品を使う必要があります。
オススメのメーカーは、アンプルールとビーグレンです。最新の医療技術を駆使したエイジングケアを体感できます。
ほうれい線に限らず、シワとなっている部分は、真皮内のコラーゲン、エラスチンのネットワークが崩れているのが原因です。
そこで大事になってくるのが、ビタミンC誘導体。強い抗酸化作用を持つビタミンCを深く浸透させれば、崩れたコラーゲンネットワークを復活さ せることが可能です。
ただ厄介なことに、真皮まで深く影響しているので、浸透度の低い化粧品では表皮までしか届かず、役に立ちません。必ず、浸透度の高い化粧品を 選びましょう。20代のうちからケアを始めると、後々いい結果に結びつきますよ。

 

3 美顔器

 

皮膚の内側からケアするのが化粧品なら、反対の外側からケアするのが美顔器です。中でもオススメなのが超音波美顔器、あるいはイオン導入器 です。
超音波美顔器は、細かいタッピングを行うため、マッサージ効果も同時に得ることが出来ます。
また、イオン導入機能があると、美容成分が真皮まで浸透させることが出来ます。ビタミンCなどの有効成分がマイナスを帯びています。イオン導 入でそこにマイナス電流を流すと、お互いマイナス同士の同じ電極になり、当然反発しあうので、皮膚の奥まで成分が押し込めるわけです。
ですので、予算が許せば、美顔器+化粧品が最強のほうれい線対策となります。

 

参考 ほうれい線を1週間で消す美顔器!